ニュース

コロナウイルス富山 感染者の行動や感染ルートは?受け入れ先の病院

世界中で猛威を振るう新型コロナウイルス。

日本でもどんどん広がっていて、不安な気持ちでお過ごしの方も多いと思います。

 

そんな中、ついに富山県でも感染者が発生してしまいました!

そこで、新型コロナウイルスの富山県内での動きについてお伝えしていきます。

随時情報更新していきますね!

 

県内初の感染者の感染ルートは?

3/30に県内在住者として初の感染者が確認されました。

クラスター(集団感染)が発生した京都産業大学を卒業したばかりの富山市在住20代女性です。

 

京都産業大学では、卒業旅行でヨーロッパへ旅行した学生が感染した状態で、卒業祝賀会に出席。

この祝賀会に参加した卒業生の間で感染が広がっています。(3/30現在13人)

 

富山県の20代女性はこの祝賀会に参加していました。

京都市から富山県へ検査依頼があり、検査したところ陽性となりました。

 

この女性は、大学卒業後に地元へ戻ってきたところだったのでしょうか?

4/1には入社式を控えていたと思われますが、かわいそうですね・・・。

 

感染者は4/2時点で8人に

4/2現在、県内の感染者は8人になっています。

感染者の友人から

京産大卒の女性の友人

3/31 砺波市・南砺市・小矢部市エリア在住の看護士の20代女性の感染確認。

4/1 富山市の保育士の20代女性、4月から新卒入社する予定だった20代女性の感染確認。

4人で、3/24に食事をしたり、車内で長時間過ごした。

その後、保育士の女性は勤め先の東山保育園に勤務。園児や同僚保育士と接触した。

 

新卒女性は、別の友人 計4人と食事した。この友人のうち20代男性が4/1に感染確認。

また、この女性の50代の母親の感染確認。社会福祉法人「三寿会」の介護職員。

 

新規採用教員の男性

4/1、20代男性の感染確認。

この男性は4月から新規採用教員になる予定だった。これまでは、愛知県の教育機関に在籍しており、3/14に富山の実家から引っ越してきた。

感染ルートは、愛知県内か道中のどちらかと思われる。

その後、富山市内で新規採用の研修に参加した。

 

また、この男性の母親の陽性も判明した。

 

 

どんどん広がっているようで、不安になってしまいますね。

この8人の中でも、何人かは無症状患者とのことです。

引き続き注意して過ごしましょう!

 

受け入れ先の病院は?

感染者の受け入れ先病院はどこなのでしょうか?

富山県の感染症指定医療機関は、こちら↓

  1. 富山県立中央病院(富山市)
  2. 黒部市民病院(黒部市)
  3. 富山病院(富山市)
  4. 射水市民病院(射水市)
  5. 高岡市民病院(高岡氏)
  6. 金沢医科大学氷見市民病院(氷見市)
  7. 砺波総合病院(砺波市)

 

富山市在住者は、入院しているのは富山市内の病院ではないでしょうか?

なので、県立中央病院か富山病院あたりでしょうね。

 

砺波市エリアの患者は砺波総合病院でしょうか。

 

こちらもはっきりした情報があれば更新したいと思います。

 

まとめ

今回は「コロナウイルス富山 感染者の行動や感染ルートは?受け入れ先の病院」ということでお伝えしてきました。

最新情報を随時更新していきたいと思います。

 

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございます。