イベント

国府宮はだか祭2020の駐車場や混雑と屋台出店時間!死者も出るの?

こんにちは、かみりんです!

全国屈指の奇祭「国府宮はだか祭」は、尾張大国霊神社(国府宮神社)の一大神事で、毎年多くの人で賑わいます!

今年は何と言っても令和初のはだか祭ですから、ひときわ盛り上がることが予想されますね!

今までに行かれたことがない方も、是非見物に訪れてみてはいかがでしょうか?

 

そこで今回は、「国府宮はだか祭2020の駐車場や混雑と屋台出店時間!死者も出るの?」ということでお伝えしていきたいと思います。

 

関連記事:国府宮神社(尾張大国霊神社)の初詣2020 混雑状況や駐車場、屋台も!

国府宮はだか祭とは?

2020年、令和2年の国府宮はだが祭は2月6日木曜日に行われます。

さて、国府宮はだが祭とはどんなお祭なのでしょう?

 

はだか祭は正式には「儺追神事(なおいしんじ)」といいます。

 

まず、災厄を負う儺追人(なおいにん)である神男(しんおとこ)が選ばれます。

儺追神事の数日前から神男は神社に籠もり、心身を清めて当日に臨みます!

 

儺追神事のピークは当日15時頃、神男が裸男たちの前に現れたところからです!

 

この神男に触れると厄災が祓われるということで、多くの裸男たちが神男に触ろうとものすごい熱気で包まれもみ合いになります。

約1時間かけて神男は儺追殿へたどり着きます。

裸男たちの最後のもみ合いの中、神職や神男OBたちの助けを借り、神男は儺追殿へ引きずり込まれるようにして入ります。

 

そんな盛り上がりがすっかり落ち着いた翌朝午前3時、厄災を詰め込んだ土餅を背負った神男が境内の外に追い出されます。

神男は土餅を捨て、そのまま後ろを振り返らずに帰宅します。

その後、神職が土餅をその場に埋め、厄災を土へ還します。

 

意外にも、この未明に行われる夜儺追神事が最も神聖で重要なものとされているんですよ!

 

国府宮はだか祭の混雑具合は?

国府宮はだか祭には毎年非常に多くの方が訪れます。

国府宮駅を通る名鉄名古屋本線は、はだが祭りの当日は車両を増結して運行されるほどなんです!

 

今年の開催日は平日ですから、土日に当たった年と比較すると落ち着いているかもしれません。

ただ平日であっても稲沢市内の会社や学校はお休みになるところが多く、

しかも、今年は令和初のはだか祭ですから、その分混雑が予想されますよね!

 

こちらは昨年の様子です。

日曜日だったため、人手も例年より多かったようですよ!

ものすごい数の見物人です!

 

 

ちなみに当日が木曜日だった平成29年はどうだったのでしょう?

通りを埋め尽くす裸男と見物人!やはり平日でも非常に混雑しています。

しかも見物人は傘をさしているようですよね。

雨でもこの混雑!すごい!

神男が現れ儺追神事の始まる15時前からは特に混雑します!

神社近くは満員電車の中みたいな状況になるので、ケガには十分お気をつけくださいね!!

 

 

行ってみたいけどそんな混雑はとても無理!という方は、当日の午前中や前後数日の間に行かれるのがよいでしょう。

関連の神事が行われていたり、なおいぎれをいただきに来る人も多く、雰囲気を味わえそうです。

前日には大鏡餅の奉納もあるので、見どころ十分ですよ!

当日でなくてもある程度の混雑はありますが、だいぶ余裕を持って楽しめそうですね。

 

死者が出たって本当?

国府宮はだか祭で一昨年、死者が出たという情報がありました。

参道にて裸男たちのもみ合いがあった場所で、裸男として参加した40歳男性が心配停止状態で発見され、心肺蘇生された後、意識不明のまま病院へ搬送されました。

その約2週間後に搬送先の病院で、低酸素脳症で死亡が確認されたとのことです。

 

この事故を受けて尾張大国霊神社は、

「遺憾の意を表するとともに、亡くなられた方の親族には謹んでお悔やみ申し上げます。祭事については今まで通り粛々と進めてまいります」

とコメントしたとのことです。

 

死者が出たのは平成15年以来で15年ぶりのことだったようです。

このような事故は悲しいことですし極力避けたいことですが、はだか祭は今後も絶えることなく続いていって欲しいと願います。

 

国府宮はだか祭の駐車場は?

はだか祭が行われる国府宮神社には、駐車場が4箇所あります。

しかし、はだが祭当時の前後3日間は、周辺で交通規制があるため、神社駐車場は全く利用することができません。

祭の前後の土日も混み合うようで、神社駐車場が開放されていたとしてもすぐに満車になってしまいます。

 

また、当日は神社周辺以外にも、広範囲に渡って車両通行禁止や駐車禁止などの規制があります。

例年10:00~18:00頃は交通規制があるので、車では近づけないと思っておいたほうがよいでしょう。

 

そんな状況なので、公共交通機関の利用を強くオススメします。

近くに名鉄国府宮駅、JR稲沢駅があるのでアクセスも便利です。

 

どうしても車で行きたい!という方は、交通規制が始まる朝早くに現地へ行き、名鉄国府宮駅周辺のコインパーキングを利用するのがよいでしょう。

いくつかリストアップしておきますね。

 

スペースECO 国府宮駅前

所在地:稲沢市国府宮2-10-7
6時間以内200円 24時間以内500円

名鉄協商国府宮駅東

所在地:稲沢市国府宮2-10-1
料金:60分200円(8:00~20:00)
60分100円(20:00~8:00)
最大料金 24時間600円

国府宮P駅東

所在地:稲沢市国府宮2-9
料金:60分100円
最大料金 24時間700円

 

車で行かれる方は、必ず最新の交通規制情報をチェックしてくださいね。

 

はだか祭りの屋台出店時間は?

はだか祭ではたくさんの屋台が立ち並びます。

当日以外にも、前後の土日を含めた10日間ほどは屋台が出ていますよ。

 

出店時間はだいたい10時頃から日没頃です。

当日ならば開店は早め、夜暗くなってからもオープンしているようです。

 

色んな屋台がズラーっと並んでいるのはワクワクしますよね!

神社境内から参道、周辺一帯にかけて出店しているので、見物しながら気になる屋台グルメを楽しみましょう!

 

まとめ

今回は「国府宮はだか祭2020の駐車場や混雑と屋台出店時間!死者も出るの?」ということでお伝えしてきました。

はだか祭へ行かれる際の参考にしていただけますと嬉しいです。

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございます!

 

関連記事:国府宮神社(尾張大国霊神社)の初詣2020 混雑状況や駐車場、屋台も!