人物

川田将雅の父・母や妻は?身長や年収はどれくらい?性格悪い説は?

こんにちは、かみりんです!

JRAジョッキーの川田将雅さんが12月に香港で開催される「2019ロンジン・ジョッキーズ・チャンピオンシップ」に出場されるそうです!

この大会は、世界のトップ12騎手が参加する大会。イタリアのランフランコ・デットーリ騎手やイギリスのライアン・ムーア騎手も参加します。

優勝賞金はなんと50万香港ドル!日本円に換算すると約718万円です。

川田将雅騎手、とてもイケメンですよね!どんな方なのか気になります!

そこで今回は「川田将雅の父・母や妻は?身長や年収はどれくらい?性格悪い説は?」ということでお伝えしていきたいと思います。

川田将雅の基本情報

まずは川田将雅騎手の基本情報です。

川田 将雅 かわだ ゆうが

1985(昭和60)年10月15日生まれ(34歳)

佐賀県出身

身長 157cm

体重 45kg

血液型 B型

2004年3月7日騎手デビュー、3月20日に初勝利

2006年9月の中京競馬にて落馬して大怪我し長期休養

2007年1月の京都競馬で復帰

2008年4月 第68回皐月賞を制覇

その後もトップクラスの活躍で、数々の大会で優勝

2016年には優秀騎手賞、特別模範騎手賞、フェアプレー賞を受賞

2016年7月 ホリプロとマネジメント契約を結ぶ

ジョッキーらしく、身長も体重もミニマルでかなり小柄な体型ですね。

川田騎手はとても負けん気が強いとのことで、例え下位争いだとしても「隣の馬に負けたくない!」と圧が凄いのだそうです!

どんな一流のジョッキーでも勝つより負けることの方が多いですが、その負けを無駄にせず、どう次に勝つかに活かしているのだそうです。

現在ホリプロとマネジメント契約を結んでいますが、ファン曰く「かたぶつ」のためトークは向いていないのでは?という意見も見られました。

 

川田将雅騎手の端正な顔立ちから、カッコイイ!と虜になるファンも多いようです。

 

川田将雅の家族は?

つづいて川田将雅騎手の家族についての情報です。

曾祖父・川田若弥さんは佐賀競馬場所属の騎手

祖父・川田利美さん、父・孝好さん、伯父・宮浦正行さんは調教師

というように、競馬一族なんですね!ひいおじいさんから数えて4代目になります。

川田将雅騎手の母親についても調べてみましたが、あまり情報が見つかりませんでした。

 

妻は元タレントの おおつか麗衣(れい)さんです。一つ年下ですね。

2008年2月から2011年3月まで、王様のブランチのリポーターを務めていました。

2人が結婚したのは2011年です。

子どもは、男の子1人、女の子1人のようです。

4代続いて競馬関連の仕事をしていますから、子どもたちも同じ世界に進むかもしれませんよね!今後が気になります!

 

川田将雅の年収は?

川田将雅騎手の年収はどれくらいなんでしょうか?

ジョッキーとして好成績を出していますから、かなり高いのではないでしょうか?

出走数や獲得賞金などを基に年収を算出したページがありました!

その情報によると、2018年の川田将雅騎手の年収は

1億5000万超!!

調教手当などのその他収入は含まれていません。

やはりすごい額です!

ジョッキーはとても夢のあるお仕事ですね!

 

川田将雅の性格は?

川田将雅騎手は性格が悪いというイメージがあるようです。

性格が悪いかどうかは別として、自分でも短気な性格だと自覚があるようです。

また、目上の人に媚びないで思ったことを何でも言ってしまうこともあるそう。

調教師にも、騎乗した馬についての不満をぶつけたりして、周りに敬遠されていたようです。

勝気な性格だからこそ上昇志向もあって伸びてきたのかもしれませんが、周りに良く思われず、いい馬を回してもらえない、なんてこともあったりなかったり。

 

ただ、最近ではそんなことも減ってきたようです。

 人当たりがよくなった原因は、昨夏のイギリス修行と言われる。年齢を問わず、全員で熱心かつ丁寧に馬づくりをしている現場を見て、心を打たれたという。以降、我の強さを抑え、協調性に富むようになった。

2019年5月12日配信 アサ芸プラス

 

以前は後輩騎手にとっても近寄りがたい雰囲気だったのが、最近は面倒見もよくなり、女性騎手の藤田菜七子さんも川田騎手を慕っているのだとか!

 

33歳という年齢的にもまだまだこれから!

進化していく川田将雅騎手から今後ますます目が離せませんね!!

 

まとめ

今回は「川田将雅の父・母や妻は?身長や年収はどれくらい?性格悪い説は?」ということでお伝えしてきました。いかがだったでしょうか?

12月の香港開催「2019ロンジン・ジョッキーズ・チャンピオンシップ」も楽しみですが、国内でのレースでも川田将雅騎手に注目していきたいですね!

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございます。