スポンサーリンク
季節

しぶんぎ座流星群2020東海で見える方角や時間は?穴場観測スポットも

こんにちは、かみりんです!

みなさん、星空を眺めるのは好きですか?

空気の澄んだ冬の時期に星空を眺めるのは、心が洗われるようで素敵な気分になりますよね。

 

そんな星空観測にピッタリの季節、毎年1月頭にやってくる「しぶんぎ座流星群」!!

2020年は、1月4日にそのピークを迎えます。

そこで今回は、「しぶんぎ座流星群2020東海で見える方角や時間は?穴場観測スポットも」ということでお伝えしていきたいと思います!

スポンサーリンク

しぶんぎ座流星群とは

しぶんぎ座流星群は、毎年1月1日~5日頃にピークを迎える流星群です。

日本では1月4日が最もよく観測できる日だと言われています。

8月のペルセウス座流星群、12月のふたご座流星群とともに、三大流星群の一つに数えられています。

 

母天体ははっきりしておらず、彗星や小天体がではないかと推測されています。

 

しぶんぎ座流星群2020 東海地方での観測時間

2020年のしぶんぎ座流星群を東海地方で観測したい方のために、見るべき時間帯についてお伝えします。

まず、流星群を観測する条件として、

  1. ピークの時間帯は昼間か夜か?
  2. 放射点の位置
  3. 月は出ているか?

がキ-ポイントになります。

 

① ピーク時間帯

2020年のピークは、1月4日 17:00頃 です。

この日の東海地方の日の入りは、16:50頃です。

日没直後なので、空はまだ明るいでしょうね。

 

しぶんぎ座流星群は、ピーク前後の数時間に集中して流れ星が出現するという傾向があります。

この日は、太陽が沈んで暗くなったらすぐの時間なら、たくさん見られそうですよね?

 

② 放射点の位置

しかし4日夕方頃、しぶんぎ座流星群の放射点は地平線の低い位置にあります。

そのため、暗くなってすぐに空を見上げても、あまり流れ星は見られないでしょう。

 

③ 月は出ているか

この日の月は半月です。だいたい真夜中頃まで月明かりがありそうです。

真夜中を過ぎれば夜空もかなり暗くなり、観測に適した状態になりそうです。

 

 

というわけで、観測に好条件の時間帯は、1月4日から5日にかけての夜の間ということになりますね!

その前日、1月4日の未明にも流れ星を見るチャンスがありそうですよ!

 

この日はお正月休みの方も多いでしょうから、翌日のことをあまり気にせず挑戦できそうですね!

ただかなり冷え込むので、防寒対策は万全にして、温かい飲み物などを準備して臨みましょう!

 

東海地方で流星群が見える方角

東海地方で流星群を見るには、どの方角を見ればよいのでしょうか?

 

月が沈む夜中頃には、流星群の放射点は天頂あたりにやってきます。

そのため、特定の方角に限らず、全体をぼーっと見る感じがよさそうですよ!

 

また、まだ月明かりのある時間帯に見たい場合は、月が視界に入らないよう方角を見るのがよいでしょう。

 

東海地方の穴場観測スポット

せっかくだから、流星群の観測にピッタリの場所で観測したい!という方もいらっしゃいますよね!

そこで、東海地方のオススメの穴場観測スポットを紹介させていただきます!

茶臼山高原 (愛知県北設楽郡豊根村)

愛知県北設楽郡にある茶臼山高原は、春は桜、夏はレジャー、秋は紅葉、冬はスキーなど、オールシーズン遊べるスポットです。そして、1年を通して星空を観察する場所として人気のスポットです!

昨年も、しぶんぎ座流星群の日には星空観察会が開催されたので、2020年も開催されることと思います。

街明かりから離れ、ゆっくりと流星群を見ることができそうですね!

 

休暇村 茶臼山高原

北設楽郡豊根村字坂宇場御所平70-163
TEL: 0536-87-2334

アクセス:新東名高速「新城IC」から車で1時間半

 

冬の時期は路面の凍結や積雪がありますので、運転にはくれぐれも注意してください!

スタッドレスタイヤまたはチェーンが必須です。

 

長良川SA (岐阜県関市)

つづいての穴場スポットは、東海北陸自動車道下り線にある長良川SAです!

お店の明かりなどもあり、流星群の観測には不向きに思えるサービスエリア。

しかし、長良川SAは川沿いにあり、暗くて普段から星がよく見えるスポットなんです!

SAなのでトイレもあり飲食もできますし、寒くなったら建物の中に入って温まることもできます。気軽に行けそうですよね!

もちろん、一般道から入ることもできます。

 

朝7時からはドリンク付き890円で朝食バイキングを利用できます。

お母さんの手作りお惣菜がたくさん食べられるのでオススメです!

明け方から流星群を見て、夜が明けたら朝食バイキングというのもいいですね!

 

伊勢・鳥羽・志摩のリゾート施設 (三重県)

つづいては、少しラグジュアリーな観測スポットです。

三重県の伊勢、鳥羽、志摩にはリゾートホテルがたくさんあり、多くの観光客や休暇を楽しむ方に人気です。近年そのような宿泊施設が星を見るイベントを開催しているんです!

 

星を見られる場所としては、宿泊施設の敷地内であったり近隣の浜辺など、施設から歩いてすぐに行けるようなところです。

美味しい食事を楽しんだ後にぶらっとお散歩しながら流星群を見るのも贅沢な楽しみ方ですね!

寒い時期なので、お部屋に帰りたくなったらすぐに帰れますし、そのまま快適なベッドで眠れます。

 

お正月休みですから、とっておきの贅沢をして流星群を見るのもとっても魅力的ですね!

 

まとめ

今回は「しぶんぎ座流星群2020東海で見える方角や時間は?穴場観測スポットも」ということでお伝えしてきました。

星空がキレイに見える冬、しかもお正月休み中ということで、是非、流星群観測に挑戦してみてくださいね!

流れ星が見られたら、新年良い年になるかもしれませんよ!

 

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございます。

スポンサーリンク