テレビ・映画

WAになっておどろう【Mステ】嵐やV6も出る?VTR出演グループは?

 

5月8日(金)放送のミュージックステーションから始まる新企画が発表されましたね!

「WAになっておどろうプロジェクト」です!

誰もが自宅で簡単に踊れるようなダンスを V6の名曲『WAになっておどろう』に合わせて披露。

ジャニーズから、毎週違うグループがVTR出演するんですよね!

V6はもちろん、Hey!Say!JUMPキスマイキンプリ など、人気グループが週替わりで見られると思うと、楽しみすぎますよね!

 

今後のMステに、どのグループがいつ出演するのか気になりますよね!

VTR出演するグループが誰なのかいつ発表されるのか、調べてみました!

 

どのグループが見たい?みんなの反応

Mステにジャニーズグループが週替わり出演!

『WAになっておどろう』に合わせて踊る!

ということで、どのグループが見たいのかみんなの声を集めてみました!

 

「KinKi Kids」

 

「嵐」「Kis-My-Ft2」

 

「嵐」「SixTONES」

 

「Hey! Say! JUMP」

 

「King & Prince」

 

やっぱり本家の「V6」!

 

デビューしているグループだけで15グループあるので、その全部が出演できるとは限らないですよね!

見たいグループが出演してくれるといいですね!

 

Mステ出演 ジャニーズグループは?

Mステの「WAになっておどろうプロジェクト」に、どのジャニーズグループが出演するのか気になりますよね!

調べてみました!

5月8日放送

まずは、WAになっておどろうプロジェクト企画第1回目となる5月8日です。

Mステ公式ページのこの日の出演者情報は

  • 小沢健二
  • ゴスペラーズ
  • スガ シカオ
  • Superfly
  • Toshi
  • RADWIMPS

 

この日は「WAになって踊ろうプロジェクトが始まります」という紹介のみでしたね。

 

5月15日放送

第2回目のWAになっておどろうプロジェクト、出演グループは誰なのでしょうか?

WAになっておどろうプロジェクトには、キンプリが登場します!

出演発表にあたってのキンプリメンバーのコメント

平野紫耀「いいスタートを切れることを願いながら踊りたい」「僕ららしくとにかく楽しくやりたい」

岸優太「次のグループに繋げられるように、画面越しの皆さんと僕たちがWAになって繋がっていきましょう!」

神宮寺勇太「画角は狭いですが、気持ちははみ出しているくらいです!」

高橋海人「外出ができなかったり、日ごろのストレスがたまっていたり、苦しいなという気落ちがあると思いますが、僕たちも同じ気持ちなのでみんなで我慢して、安心して外に出られるようになったときは、たくさんライブなどで僕たちと会いましょう!」

曲の後半には、各グループオリジナルの振付が見られるパートもありますね!

キンプリらしくキラキラ感を入れてみんなに届けてくれるそうです。

キンプリの中では、このパートは高橋海人くんが考えるみたいですよ!

キンプリのキラキラなパフォーマンス楽しみましょう!

 

5月22日放送

第3回目の出演グループは?

KAT-TUNが登場!

亀梨和也さん・中丸雄一さん・上田竜也さんの3人が、リモート出演しました!

 

5月29日放送

第4回目のグループは、A.B.C-Z!

 

 

第5回目以降も、最新情報が入り次第こちらに追記していきたいと思います!

 

WAになっておどろう プロジェクトとは?

WAになっておどろうプロジェクトとは何なのか?

おさらいしておきましょう!

 

「みんなが自宅で踊って楽しめるダンス」というテーマで、V6の大ヒット曲『WAになっておどろう』に屋良朝幸さんが再振付しました。

毎週1グループのジャニーズタレントがVTR出演し、WAになっておどろうに合わせて踊ります。

 

そのダンスとは、

  • 老若男女が踊れる
  • 運動不足解消になる
  • マンションでも踊れる騒音の少ない

ダンスなんだそうです!

誰でも気軽に踊れる内容になっているので、是非みんなで踊って楽しみましょう!

 

曲の後半部分は、各グループが自由にダンスするということで、それぞれのダンスも楽しみですね!

 

まとめ

今回は「WAになっておどろう【Mステ】嵐やV6も出る?VTR出演グループは?」ということでお伝えしてきました。

WAになっておどろうの曲に合わせて踊るのも楽しみだし、どのグループが出てくるのかも楽しみですね!

Mステが放送される金曜夜9時には、家族みんなでテレビの前に集まりましょう!

こんな時だからこその企画を楽しみましょうね!

 

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございます。