スポンサーリンク
子連れでおでかけ

リニア鉄道館 子連れでの楽しみ方

こんにちは、かみりんです!

夏休みもいよいよ終盤を迎えましたね。旅行や帰省など、子どもとたくさんお出かけした方もいらっしゃると思います。もう遠出をする費用も元気もないという方でも、ずっと家にいるのも少し飽きてしまいますよね!

今回は、中部圏にお住まいであれば気軽に行ける『リニア鉄道館』についてご紹介したいと思います!乗り物好きのお子さんならテンション上がること間違いなしのスポットです!

スポンサーリンク

リニア鉄道館の基本情報と見どころ!

リニア鉄道館は、名古屋市港区金城ふ頭にある、高速鉄道技術の進歩を紹介する施設です。東海道新幹線や在来線から超伝導リニアまで、新旧39両の実物車両が展示されています!

入館料は、大人 1000円、小中高生 500円、幼児(3歳以上) 200円です。

たくさんの実物車両がたくさんあるのですが、入場してすぐにあるのが超伝導リニア!2003年に山梨試験線で世界最高速度(581km/h 当時)を記録した車両なんです!他では見ることのできないその姿に、思わず写真を撮りたくなってしまいます。

実物車両の他に鉄道ジオラマや鉄道の歴史展示などもありますが、鉄道好きの子どもたちが集まっている場所が、新幹線や在来線の運転手気分が味わえるシミュレーターです!運転手目線の景色を見ながら、運転席に座って操作ができるコーナーです。新幹線シミュレーターは抽選制なので、入場の際にもらえる抽選券での応募をお忘れなく!在来線シミュレーターは1回100円で楽しむことができますが、待ちが出るので時間に余裕を持って行きましょう!

おすすめの駐車場

リニア鉄道館へ車で行く場合の駐車場についてご紹介します。

近隣の駐車場は3箇所あります!

  1. タイムズ ファニチャードーム駐車場
  2. タイムズ 金城ふ頭大型車駐車場
  3. 名古屋市営金城ふ頭駐車場

1.タイムズ ファニチャードーム駐車場の料金は、平日は30分 500円(最大料金1日 1000円)、土日祝日は30分 600円(最大料金なし)です。リニア鉄道館へは、横断歩道を1つ渡って少し歩くだけなので、徒歩3分ほどの近距離です。

2.タイムズ 金城ふ頭大型車駐車場の料金は、最大料金1日 3600円です。こちらは団体バスなど大型車向けの駐車場です。こちらも徒歩3~5分程の近距離です。

3.名古屋市営金城ふ頭駐車場の料金は、60分 500円、平日の最大料金は1日 1000円、土日祝日は1日 1500円です。近隣のレゴランドやメイカーズ・ピアなどの来場者の多くがこの駐車場を利用しています。リニア鉄道館へは、陸橋やJR金城ふ頭駅を通って徒歩5~7分程です。

一番のおすすめは、名古屋市営金城ふ頭駐車場です。この3箇所の駐車場の中では最も遠いですが、平日であれば料金的には一番安いですね。そして、新しくできた立体駐車場なのでキレイですし、停められる台数も多いです。また、各階にトイレがあるので、小さな子ども連れでも安心して利用することができます。

お昼ごはんはどこで食べる?

子連れのお出かけで気がかりなのは、お昼ごはんですよね!

館内の複数個所に、飲食できるスペースがあります。もちろん食べ物の持込可なので、お弁当を持参しているファミリーがたくさんいます。

リニア鉄道館の2階には売店や飲食のできるスペースがあります。この売店では、駅弁や名古屋めし、新幹線の中で販売しているアイスクリームなどを購入でき、鉄道旅行気分を味わえます!子どもに人気なのがドクターイエローのランチボックス!おにぎりやハンバーグなど、子どもの大好きなメニューが黄色い新幹線型の箱に詰まっています。この箱は、食べた後でもきれいな状態で持ち帰りできるようになっているので、お家でも遊べるお土産になりそうですね!

お弁当よりお店で食べたい!という方には、メイカーズ・ピアにあるお店で食べるのもおすすめです。和食やイタリアン、ハンバーガーやステーキなど、たくさんのお店があるので、何を食べようか迷ってしまいそうですね!もちろんどのお店も、子ども用のいすや食器が用意されているので、子連れで行きやすいですよ!

入場券があれば当日は再入場可能なので、開館時間から入場しても昼ごはんを食べに外に出ることが可能ですよ!券をなくさないようにしましょう!

まとめ

いかがでしたか?今回は、中部エリアの方ならサクッと行ける『リニア鉄道館』について紹介させていただきました。気軽にお出かけできるスポットを探している方は、是非参考にしてみてくださいね!

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございます!

スポンサーリンク