季節

ふたご座流星群2019東海で見える方角や時間は?穴場観測スポットも

こんにちは、かみりんです!

12月になるとすっかり冬ですね。空気が冷えて星空がキレイに見える季節がやってきます。

そんな12月にやってくるのが「ふたご座流星群」です!

流星群といえば、子どもの頃、明け方4時頃に家族で見に行きました。その年は当たり年で、次から次へと通り過ぎる大きな流れ星に大興奮したのを覚えています!1時間に20個以上は見られたと記憶しています!

今回は、ふたご座流星群2019の東海地方で見える方角や時間帯をお伝えしたいと思います!

また、東海地方の穴場観測スポットも紹介させていただきますよ!

 

関連記事:しぶんぎ座流星群2020東海で見える方角や時間は?穴場観測スポットも

ふたご座流星群とは?

ふたご座流星群は、毎年12月14日頃にピークを迎える流星群です。ペルセウス座流星群、しぶんぎ座流星群とともに、三大流星群の一つです。

母天体は小惑星であるという説が現在では有力です。

ふたご座流星群は、特に明るい流れ星が見られるというわけではないようです。ただ、どの年も割りと安定して見ることができる=アタリハズレの少ない流星群ということで、近年観測する人が増えているようですよ!

 

三大流星群「しぶんぎ座流星群」(1月) についての記事はコチラ

ふたご座流星群2019

それでは、ふたご座流星群2019の見える方角や時間帯を見ていきましょう!

2019年のふたご座流星群は、12月15日午前4時にピークを迎えます。14日から15日にかけての夜間は観測に適しているといえます。

ただ残念なことに、12月14日から15日は夜間を通して明るい月が出てしまうので、最高の観測条件とはならないようです。月のない部分を見ていれば、明るい流れ星なら見えそうです。

12月中旬ともなると夜はものすごく寒いです。観測するときは十分に温かい服装をして、温かい飲み物などを持って行くと身体を温められて良さそうですね!

東海地方の穴場観測スポット

ふたご座流星群2019の東海地方の穴場スポットを紹介させていただきます!

お近くのスポットがあれば、是非行ってみてくださいね!

茶臼山高原 (愛知県北設楽郡豊根村)

愛知県北設楽郡にある茶臼山高原は、春は桜、夏はレジャー、秋は紅葉、冬はスキーなど、オールシーズン遊べるスポットです。そして、1年を通して星空を観察する場所として人気のスポットです!

流星群などイベント時には星空カフェてんくうがオープンし、カフェで流星群を見ることができますよ!(営業時間 19:00~22:00)フリーで星空を見るには第4駐車場を利用しましょう。

アクセス:新東名高速「新城IC」から車で1時間半
冬の時期は路面の凍結や積雪がありますので、運転にはくれぐれも注意してください!スタッドレスタイヤまたはチェーンが必須です!

長良川SA (岐阜県関市)

つづいての穴場スポットは、東海北陸自動車道下り線にある長良川SAです!

サービスエリアは明るいから流星群を見るには適してないのでは?と思われるかもしれませんね。でも、ここ長良川SAは川沿いにあるため、川の方には暗い場所があり普段から星がよく見えるスポットなんです!

SAなのでトイレもあり飲食もできますし、寒くなったら建物の中に入って温まることもできます。気軽に行って楽しめそうですね!もちろん、一般道から入ることもできます。

朝7時からは朝食バイキングを利用できます。ドリンク付き890円で、お母さんの手作りお惣菜がたくさん食べられるのでオススメです!明け方から流星群を見て、夜が明けたら朝食バイキングというのもいいですね!

伊勢・鳥羽・志摩のリゾート施設 (三重県)

つづいては、少しラグジュアリーな観測スポットです。

三重県の伊勢、鳥羽、志摩にはリゾートホテルがたくさんあり、多くの観光客や休暇を楽しむ方に人気です。近年そのような宿泊施設が星を見るイベントを開催しているんです!

星を見られる場所としては、宿泊施設の敷地内であったり近隣の浜辺など、歩いてすぐに行けるようなところです。美味しい食事を楽しんだ後にぶらっとお散歩しながら流星群を見るのも贅沢な楽しみ方ですね!お部屋に帰れば快適なベッドで眠れます。

まとめ

今回は「ふたご座流星群2019東海で見える方角や時間は?穴場スポットも」ということでお伝えしてきました。

年に数回しかない流星群の中でも、星空のキレイな冬の時期に見られるふたご座流星群。ぜひ大切な人と流れ星を見に行ってみてはいかがでしょうか?

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございます!

 

関連記事:しぶんぎ座流星群2020東海で見える方角や時間は?穴場観測スポットも